ポスレジ導入時の選び方

導入費用がかからないポスレジ

在庫管理から売り上げ管理まで、販売会計や経営戦略など幅広く役立ってくれるのがポスレジです。スーパーやコンビニ、大手飲食店などでは当たり前に導入されていますが、小規模な個人経営のお店などでは費用面での問題でなかなか導入が進んでいないケースもあります。そんな中、導入費用がかからず多機能で操作も簡単なポスレジソフトが登場していて、評価を高めています。
タブレット端末がポスレジ代わりになってくれて、初期費用なしでポスシステムが使えてしまうという優れたソフトが複数あります。無線LANなどのネットワークが完備されている店内なら、タブレットをどこにでも持ち歩きできますから、その範囲内でいつでもどこでも情報を登録したり閲覧可能です。また、タブレット端末にレジ用の機器を取り付けるだけで、通常の会計業務が行えるポスレジに早変わりしてくれます。売り上げ集計や顧客情報の管理などもスムーズに行えて情報の絞込みなどもできます。
多機能タイプになればクラウドと連動させたり、商品用のバーコードラベルを出力できたりなど、店内業務を簡略化できるようになります。無料のポスレジは複数のタイプがありますから、自分達のお店や業務に合った物をまずはチョイスして、管理面や操作性などをチェックしてみましょう。

小売業でのポスレジ導入時の選定ポイント

業務負担の軽減や不正防止、データ分析など多くの魅力を持ち、小売業の経営には必要不可欠とも言われているポスレジですが、新たに導入しようとする際には、次の3つの点を押さえた選定を行うことが大切です。まずは導入するお店の業種や業態に適したシステムを選ぶことです。そのためには業種や営業形態が同じ小売店が導入した実績があるかどうかを調べたり、導入に成功するための有効な機能が備わっているかなどを確かめておくことがおすすめです。次に今のお店の運営状況の改善、向上に役立つことです。最新型の多機能なポスレジを導入しても、システムの管理や操作が複雑で今の店舗運用に活用できなければ何の意味もありません。
まずは今の店舗運営のために最低限必要な1~2つ程度の機能だけに集中し、その導入に成功してからより拡張できる機能の導入を検討していくことが大切です。最後に店舗の運営予算に負担がかかりすぎない価格のポスレジを選ぶことです。導入に必要な初期費用を細かく見積もり、きちんと導入後の店舗運用に支障をきたさない範囲内で購入計画を立てることが大切です。一般的には店舗の月商の1%程度がIT投資に費やしても支障がないとされる導入予算だとされています。これらのポイントを押さえた導入を検討することが大切です。