ポスレジによる作業の効率化

ポスレジの販促機能

ポスレジが普及して、ずいぶん経ちます。導入当時は、ポスレジは、うち込みをせずバーコードを読ませ、お金を打ち込むだけで、精算が出来るため便利なものであると言われてきました。確かに、ポスレジがないと商品の金額はすべて覚えていないと精算が出来ませんでした。ポスレジ導入前は、値段の打ち間違いなど頻発してクレームになることもありました。新人さんが入っても、値段と商品の位置を覚えることから始まるため、非常に大変でした。
しかし、ポスレジの便利機能は、商品の金額の記憶機能にとどまりません。ポスレジを通すことにより、どのお客様が何時にどの商品を買われたかと言うことが記憶されます。この記憶されたデータを用いて、販促計画に役立たせることが出来ます。時間帯別にもデータが出るため、コンビニなどでは、どの時間にどの商品が売れるかと言うことをデータにすることができ、それを活用しています。コンビニなどは売り場面積が狭く商品を少ししか置くことができないため、商品のトレンドをつかむことにより売り上げの向上をはかっています。
このようにポスレジは、単に計算機能だけではなく、商品の販促に役立つ機能も持ちます。ポスレジを役立て売り上げの向上をはかりましょう。

ポスレジによる商品管理

ポスレジが導入される前は、商品の管理は帳簿によって行われていました。帳簿によって行われていた時は、帳簿の書き忘れであったり、紛失があったりして数が合わず何となくで管理していたところがありました。
しかし、ポスレジが導入されるとポスレジには、商品管理機能があります。商品管理機能を使うと、今、自分の店にいくらあるかが分かります。欠品しそうになったら予め注文することが出来ます。欠品している状態は、お店にとっては非常にマイナスです。販売機会があるのに販売機会を逃しているのと同じだからです。例えばスーパーで夕方に主要な野菜が欠品している場合があります。これは、販売機会を逃しており、もし物があり販売できたら、売り上げは変わってくるでしょう。
また、ポスレジによって何曜日にどれぐらい商品が売れるのかを予想することができるようになります。ポスレジの中に入ったデータをパソコンにダウンロードしエクセルでグラフ化することも可能です。エクセルでグラフ化することにより視覚的に考察することができるようになります。
このように、ポスレジにより商品管理の精度が上がり、欠品を防ぎ販売機会を逃すことがなくなります。一昔前までの何となくの商品管理ではなくデータに裏付けられた管理をすることにより、利益向上の対策もたてることが出来ます。